【USJ】『ハロウィーン・ホラーナイト 2018』の内容は?最新情報を随時更新!

どうもこんにちは、仁木林@nikibayashi)です。

この記事を書き始めているのは6月上旬で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)においてはまだ夏イベントも始まっていませんが、その先のハロウィーンイベント(『ハロウィーン・ホラーナイト』)の話をそろそろしていきたいと思います。

どこぞの他サイトでは2018年のハロウィーン・ホラーナイトの内容を紹介するという風なタイトルで、記事中にも「2018年」というワードを多用しているにもかかわらず、堂々と2017年の内容が紹介されていました。ダメですね。

当サイトではそんなことはしません!ただ公式発表があるまでは、予想だらけの内容にはなってしまいますが…(笑)


ということで当記事では主に、2018年の『ハロウィーン・ホラーナイト』開催の有無と開催期間、内容、新ナイトパレードとの関係について書いていきます。

また、最新情報が入り次第、最新情報を随時追記していく予定です!

 

MEMO

当記事で「予想」とあるところは全て、筆者が過去の傾向などを踏まえて独自に予想したものになります。

公式発表があり次第、正確な情報を追記していく予定ですが、それまではあくまで参考程度の情報だと捉えていただくようにお願いいたします。

また、記事内には過去の写真等を掲載している場合があります。

 

2018年も『ハロウィーン・ホラーナイト』の開催は確実!いつから?

(執筆:2018年6月9日)

ここまで、今年も『ハロウィーン・ホラーナイト』(長いので以降『HHN』や『ホラーナイト』、2018年のそれを『HHN2018』と略すことがあります)が開催される前提で話を進めてきましたが、そもそも開催されるかどうか、というところからお話ししたいと思います。

まず、2018年の『ハロウィーン・ホラーナイト』の開催は確実です

USJの協賛企業(オフィシャル・マーケティング・パートナー)であるJCBが近年毎年行っている「ハロウィーン貸切キャンペーン」(キャンペーンへの申込み期間はすでに終了)が今年も開催されています。

このキャンペーンの貸切日は2018年9月7日(金)で、対象者はその日の18時30分から一足早く『HHN2018』を体験できるということになっています。

 

ここで、過去3年間の傾向と上記キャンペーンの貸切日から『HHN2018』の開催期間を予想したいと思います。

年度 『ハロウィーン・ホラー・ナイト』開催期間
2017年 9月8日(金)〜11月5日(日) ※9月8日はJCB貸切
2016年 9月9日(金)〜11月6日(日) ※9月9日はJCB貸切
2015年 9月11日(金)〜11月8日(日) ※JCB貸切は10月29日

過去3年間のHHN開催期間は上の表のようになっています。

いずれも開始日は9月に入って約1週間後の金曜日、終了日は開始日の約2か月後の日曜日になっています。

 

これらから推察するに、2018年の『ハロウィーン・ホラーナイト』の開催期間(予想)は

2018年9月7日(金)〜11月4日(日)

 

但し9月7日はJCBによる貸切のため、一般のゲストは9月8日(土)から体験可

となると思われます。

ただ、期間中毎日HHNが開催されるとは限りません(次で詳しく)。

 

『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード』と同時開催!?それは多分ない。

(執筆:2018年6月9日)

今USJが推しているイベントのひとつに、2018年5月から始まった新しいパレード『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード』(以下『USP』と略)があります。

原則的に毎日、パーククローズの1時間ほど前から開催されるこのパレード。ホラーナイトも夜に開催されるので時間がかぶってしまいます。

 

ここで現在USJから発表されている9月のスケジュールを見てみましょう。

参考 2018年9月の営業時間ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

表の左から順に、月日(曜日)、営業時間、ナイトパレード開催時間です。

ナイトパレードの開催日に注目してみると、土・日・祝が開催日になっていないことがわかります。

今USJが推しているナイトパレードをゲストが多い休日に開催しないのには理由があるはずで、筆者はその理由をホラーナイトの開催だと考えています。

その場合、考えられるパターンが2つあります。

 

まず一つ目がこちら。

9月中の休日は、ナイトパレードを非開催にしてホラーナイト(「ストリート・ゾンビ」や「ゾンビ・モブ」など)を開催し、

平日は、ホラーナイトはアトラクションだけにしてナイトパレードを開催するのではないかという予想です。

この場合、過去の傾向からみると、10月は原則全日ホラーナイト開催、ナイトパレードはお休みになると考えられます。

 

そしてもう一つの予想はこちら。

(過去にMSPと同時開催していたという前例があるものの)エリアを区切ってナイトパレードと同時開催したりするのは流石に厳しい。

しかし、ホラーナイト開催期間中のナイトパレード開始時間が21時からと遅いため、ホラーナイトは9月から(ストリート系も含めて)全日開催、ナイトパレードがある日はその開始前にストリートのゾンビが撤収するのではないか、という予想です。

 

おそらくこのどちらかになるはずです。

ホラーナイトとナイトパレードの棲み分け(?)にも注目です!

 

『ハロウィーン・ホラーナイト 2018』気になる内容は?

まだ6月だけどHHN2018の内容を勝手に予想!

(執筆:2018年6月9日)

内容に関しては何も根拠がないので、完全に予想になります。過去の傾向(こちらも3年間)も見つつ、皆さんも一緒に予想して見てくださいね。

まず2017年の開催内容から。

  • ストリート・ゾンビ
  • ゾンビ・モブ
  • デッドマンズ・フォレスト ~死の森からの脱出~(←『バックドラフト』で開催)
  • トラウマ3 ~最悪監禁実験室~
  • カルト・オブ・チャッキー ~チャッキーの狂気病棟~
  • エルム街の悪夢 ザ・メイズ3
  • エクソシスト ~悪魔祓いの館~
  • 貞子 ~呪われたアトラクション~(←『ターミネーター 2:3-D』で開催)
  • 学校の怪談 ~呪われたアトラクション~(←『シネマ4-Dシアター』で開催)

改めて見てみると、かなりのボリュームがありますね。

もう1年前の2016年は、

  • ストリート・ゾンビ
  • ゾンビ・モブ
  • Jホラー・エリア
  • 祟TATARI 〜生き人形の呪い〜
  • トラウマ2 〜最恐実験病棟〜
  • エクソシスト ~悪魔祓いの館~
  • エルム街の悪夢 ザ・メイズ2
  • チャッキーのホラー・ファクトリー 3
  • 学校の怪談 〜呪われたアトラクション〜(←『バックドラフト』と『シネマ4-Dシアター』で開催)
  • 貞子 〜呪われたアトラクション〜(←『ターミネーター 2:3-D』で開催)

このようなラインナップ。

そしてさらに1年前の2015年のホラーナイトは、

  • ストリート・ゾンビ
  • エイリアンvs.プレデター
  • エルム街の悪夢 ~THE NIGHT KILLER~
  • 学校の怪談(←『シネマ4-Dシアター』で開催)
  • トラウマ~最恐実験病棟~
  • チャッキーのホラー・ファクトリー2
  • バイオハザード・ザ・リアル3
  • 呪怨~呪われたアトラクション~(←『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』で開催)
  • 貞子~呪われたアトラクション~(←『スペース・ファンタジー・ザ・ライド』、『ターミネーター 2:3-D』、『バックドラフト』で開催)

こんなラインナップでした。BTTFとかが懐かしく感じますね。

 

以上の過去の傾向と、以前当サイトで行った検証(下の記事)から、『HHN2018』の内容を予想します。

【USJ】ナンバリングされるアトラクション、「3」までで絶対終わる説

どのように考えたかは一旦置いておいて、先に筆者が予想する『ハロウィーン・ホラーナイト 2018』のラインナップはこちら。(かなり曖昧な部分がありますがご容赦ください)

  • ストリート・ゾンビ
  • ゾンビ・モブ
  • デッドマンズ・フォレスト2(←『バックドラフト』で開催)
  • カルト・オブ・チャッキー
  • エクソシスト
  • 『エルム街の悪夢』に代わる、他のホラー映画のホラー・メイズ(過去でいうと『エイリアンvs.プレデター』や『祟TATARI』のような枠)
  • トラウマ4 もしくは それと同系でホラーレベルMAXの有料アトラクション
  • 貞子 ~呪われたアトラクション~(←『ターミネーター 2:3-D』で開催)
  • 学校の怪談 ~呪われたアトラクション~(←『シネマ4-Dシアター』で開催)

皆さんはどのように予想しましたか?

まず『ストリート・ゾンビ』と『ゾンビ・モブ』は安定して開催されると予想しました。ただ、先に書いたナイトパレードとの関係で時間や開催日が昨年までと変わるかもしれません。

次に、アトラクションの休止情報より、『バックドラフト』がHHNに使われることがほぼ確定しているといえます。昨年『バックドラフト』では『デッドマンズ・フォレスト』開催されていたので、今年はその続編になると予想しました。

また、『カルト・オブ・チャッキー 〜チャッキの狂気病棟〜』と『エクソシスト 〜悪魔祓いの館~』は昨年と同じものを開催するか、その続編が登場しそうです。

そして、『エルム街の悪夢』は昨年でナンバリングが「3」を迎えたので、過去の傾向上「4」になるのは考えにくいです。そのため、大きくリニューアルしてチャッキーのようにタイトルを変えて再登場するか、2016年の『祟TATARI 〜生き人形の呪い〜』や2015年の『エイリアンvs.プレデター』のような枠で、全く新しいホラー・メイズが登場すると予想しました。

『トラウマ』も昨年でナンバリング「3」を迎えており、「4」に進む可能性もありますが、それよりも名前を変えたり同系のホラーレベルMAXの有料アトラクションが新しく登場する可能性のほうが高いのではないか、と予想。

最後に、『貞子』と『学校の怪談』はここ数年の鉄板となっているので今年も開催、『学校の怪談』はストーリーを新しくしてくると思います。

 

昨年のHHNを体験した人や年間パス所有者は毎年新しいものを求めるので、『エルム街の悪夢』と『トラウマ』の後継で新しさを出していくと考えました。

あと個人的には、体験時間が長めのホラー・メイズ(富士急ハイランドの戦慄迷宮のような)や、過去の『バイオハザード・ザ・リアル』のように、ゲストが何かを操作して参加する系のホラーアトラクションが登場しても面白いと思います。

適当な予想になってしまいましたが、公式発表がありましたらそれをご紹介するとともに、答え合わせ(?)をしてみたいと思います!さて、どれだけ当たるのでしょうか…(笑)

 

“ハロウィーン新時代” HHN2018の詳細が発表!

(執筆:2018年7月19日)

本日7月19日、USJから2018年のハロウィーンイベントについての発表がありました。

まだ詳細の開催情報等全貌はわかっていませんが、現時点で発表されている情報をまとめます。

 

まずは『ハロウィーン・ホラーナイト 2018』のアトラクション一覧から!

  • ホテル・アルバート(NEW)
  • ホテル・アルバート・ラウンジ & フォト・スポット(NEW)
  • サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ(NEW)
  • ブラッド・レジェンド(NEW)
  • ストリート・ゾンビ
  • ゾンビ・デ・ダンス(NEW)
  • インシディアス~ザ・ラスト・キー~(NEW)
  • ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~(NEW)
  • カルト・オブ・チャッキー~チャッキーの狂気病棟~
  • 貞子~呪われたアトラクション~

今年新登場のアトラクションには「(NEW)」と記してあります。こうしてみると、新しいアトラクションが半数以上を占め、かなり刷新されていますね。

それでは各アトラクションをひとつずつご紹介したいと思います。

 

ホテル・アルバート

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

2018年、完全に新しい有料ホラー・メイズ「ホテル・アルバート」が開催。

昨年までは「トラウマ」シリーズが開催されていた枠が一新されることになりました。

華やかなホテルを舞台に、ゲスト自らがドアを開け進み、登場人物と話し、事件を目撃するなど、登場人物の一員となることで展開される完全没入型ホラー体験ができるホラー・メイズになっているとのこと。

詳細発表はまだですが、「トラウマ」と同様に年齢制限や誓約書へのサインが必要になるのか、注目です。

 

ホテル・アルバート・ラウンジ & フォト・スポット

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

こちらはアトラクションではなく、華やかなラウンジ&フォト・スポットです。

「限られた人だけが入場できる、ほかにないゴージャスな空間」とあり、上のホラー・メイズ「ホテル・アルバート」同様別途料金が必要となるようです。

 

サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

パーク史上初、なんと「音を立ててはいけない」サイレント・ホラー・メイズが新登場。

舞台は呪われた幽霊船。音を立てれば、体を狙いしのび寄るゴーストに捕えられてしまうとか。

怖くても叫び声を上げたりできない…?

 

ブラッド・レジェンド

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

こちらは初登場のホラー・シアター。おそらくシネマ4−Dシアターでの開催になると思われます。

美しくも恐ろしい、ヴァンパイアの住処で繰り広げられる恐怖のストーリーを4−Dでリアルに体感できるとのこと。

 

ストリート・ゾンビ

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

USJのハロウィーンといえばやっぱりこの「ストリート・ゾンビ」です。

今年は狂ったサーカス団、毒まみれの患者、朽ち果てた海賊や凶暴なゴリラなど新ゾンビが続々登場、全部でどれくらいの種類のゾンビがいるのかわからないほどです。

 

ゾンビ・デ・ダンス

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

昨年までは「ゾンビ・モブ」が開催されていましたがそれがなくなり、今年は「ゾンビ・デ・ダンス」が開催!

ストリートで繰り広げる圧巻のゾンビダンスに、ゲストたち自身が巻き込まれるとのこと。一体どういうことなのでしょうか…?

 

インシディアス~ザ・ラスト・キー~

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

予想通り、今まで扱っていなかったホラー映画のメイズが新登場。

このホラー・メイズで体験できるのは『インシディアス 最後の鍵』の世界。この映画は2010年公開の比較的最近のホラー映画です。

ゲストは不気味な一軒家で繰り広げられる、恐ろしい亡霊との戦いを目撃することになります。

 

ザ・サバイバル~デッドマンズ・フォレスト2~

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

昨年「デッドマンズ・フォレスト ~死の森からの脱出~」が初登場、今までにないようなホラーアトラクションで好評を博しました。

今年はそれが「2」と新しくなって開催。

ゲスト自らが罠を仕掛け、選択し、ミッションをクリアすることで生還することができるというミッション型のホラー・メイズ、注目です!

 

カルト・オブ・チャッキー~チャッキーの狂気病棟~

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

病院を舞台に、あの残虐な殺人鬼が蘇る!

このホラー・メイズは昨年も開催されていました。現時点ではリニューアル等の情報もないので、今年のホラー・メイズでは唯一、昨年と同じものが開催されると思われます。

 

貞子~呪われたアトラクション~

©UNIVERSAL STUDIOS JAPAN

「貞子」が今年唯一のジャパニーズ・ホラー・アトラクションとなります。

呪われるアトラクションはおそらく「ターミネーター 2:3−D」でしょう。

昨年まであった「学校の怪談」はなくなりましたが、「貞子」は引き続き開催。ハロウィーンにジャパニーズ・ホラーは欠かせない存在ですね。

 

以上、2018年の「ハロウィーン・ホラーナイト」アトラクション紹介でした!

 

まとめ

(執筆:2018年6月10日)

今回は、USJの秋イベント(ハロウィーン)の話を開催の約3か月前にするという、予想ばかりの少し無謀な記事になってしまいましたが、この記事はここで完成ではありません。

公式の発表などハロウィーンイベントに関する動きがありましたら、最新の情報を随時追記していき、充実した記事にしたいと考えています。

一年で最もUSJが盛り上がるシーズンはハロウィーン(一年を通して入場者数が一番多いのが10月)。

今年はどんな内容になるのか、期待して情報を待ちたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です