ライター募集中!詳しくはこちら

【USJ】ナンバリングされるアトラクション、「3」までで絶対終わる説

どうもこんにちは、Pascast編集長の仁木林です。

USJではもうすぐ(2018年5月17日から)新パレード『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード 〜ベスト・オブ・ハリウッド〜』が始まるということで、とてもワクワクしながら記事を書いております。

あまりお金のことばかりいうのもアレですが、パレードに約70億円の投資とはかなりの力の入りようだと思います。『マジカル・スターライト・パレード』に続いて、USJの夜の定番パレードになってほしいですね。

ここまではタイムリーな話題でしたが、今回の記事のメインはそうでもなく…ふと思ったことを某番組風に検証してみようと思います。


さて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では『◯◯・ザ・リアル2』のように、アトラクション名にバージョンの数字が入るものが多くあります。

主に期間限定(クールジャパンやハロウィーンなど)のアトラクションに多く、1年後にバージョンアップして再登場という形になっています。

そのようにナンバリングされるUSJのアトラクションですが、大体が「3」までで終わっているような気がしませんか?

そこで今回は、2001年にUSJがオープンしてから記事執筆現在(2018年5月)までの間で、ナンバリングされたアトラクションを全て調べ、

ナンバリングされるアトラクション、「3」までで絶対終わる説

を検証したいと思います。

 

ナンバリングされたアトラクション一覧

まずはじめに、グランドオープンから現在までに登場のナンバリングされたアトラクション(少なくとも「2」以降が出ているもの)をまとめて一覧にしてみます。

掲載順は最初に登場した年の早い順です。

具体的にいつ開催されていたかはまだここでは書かないので、「いつ頃にこんなアトラクションあったかな?」という風に思い出しながら見てみてください。

  • 天使のくれた奇跡
  • ザ・マミー・ミュージアム 〜ハムナプトラ 神々の呪い〜
  • ジェイソンのブラッド・ダイナー
  • バイオハザード・ザ・リアル
  • チャッキーのホラー・ファクトリー
  • 進撃の巨人・ザ・リアル
  • バイオハザード・ザ・エスケープ
  • エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D
  • 妖怪ウォッチ・ザ・リアル
  • トラウマ 〜最恐実験病棟〜
  • エルム街の悪夢 〜THE NIGHT KILLER〜
  • 進撃の巨人・ザ・リアル4-D

ざっとまあこんな感じですが、いかがでしょうか。個人的に、思ったより少なかったです。

そして、ナンバリングが始まったのは『天使のくれた奇跡』(クリスマス期間のショー)が最初でした(厳密に言うと『◯◯2』みたいに初めて数字がついたのはこのショーではありません、後ほど詳しく)。

また、2005年〜2007年に行われていた『ユニバーサル・ピン・トレーディング』には2005年から順に「4」・「5」・「6」と数字がついていましたが、これは「オープン◯周年」に合わせたものなので除外しています。

ナンバリングされたアトラクションが出揃ったところで、早速詳細を分析していきます。

 

「2」までで終わったアトラクション

今回の検証は『ナンバリングされるアトラクション、「3」までで絶対終わる説』ですから、「2」で終わったものも含まれることになります。

ということで、まずは「2」までで終わったアトラクションを挙げていきます。

1.進撃の巨人・ザ・リアル

2016年『進撃の巨人・ザ・リアル2』での壁の巨人

これは初めて「ユニバーサル・クールジャパン」が開催された2015年に初登場しました。期間は1月23日〜6月28日。

そして『進撃の巨人・ザ・リアル2』は「ユニバーサル・クールジャパン 2016」(1月15日〜6月26日)で開催されました。

あとに出てくる『進撃の巨人・ザ・リアル4-D』は2016年に初登場で、2015年の『進撃の巨人・ザ・リアル』のメインは『女型の巨人 捕獲作戦~ウォークスルー・アトラクション~』だったので、分けて紹介します。

こちらも2016年に撮影。クロノイドは目元や足先まで精巧な作りだった。

2.バイオハザード・ザ・エスケープ

こちらも『進撃の巨人・ザ・リアル』と同じく、2015年のクールジャパンで初登場した、いわゆる脱出ゲームです。開催期間は1月23日〜6月28日。

そして『バイオハザード・ザ・エスケープ2』も進撃の巨人と同じく「クールジャパン 2016」で開催、期間は1月15日〜6月26日でした。

3.エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D

こちらもまた上2つと同じく2015年のクールジャパン、2016年のクールジャパンで開催。期間はすでに2回書いているので省略します。

特筆すべきことといえば、こちらは「2」ではなく「2.0」、『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D 2.0』が正式名称です。

また、4-Dは「2」までで終わりましたが、翌年2017年には『エヴァンゲリオン XRライド』に生まれ変わって開催されました。

4.進撃の巨人・ザ・リアル4-D

さてこちらは、上3つとは違って2016年のクールジャパン(1月15日〜6月26日)で初登場。1番目の『進撃の巨人・ザ・リアル2』の一環です。

『進撃の巨人・ザ・リアル4-D:2』は「ユニバーサル・クールジャパン 2017」で開催、期間は1月13日〜6月25日でした。

立体機動装置での動きが4-Dシアターの座席の動きと上手く合っていて、とても面白いアトラクションでした。

 

ナンバリングが「2」で終わったアトラクションは以上の4つです。全てクールジャパンでの開催でしたね。

次は本命、「3」までで終わったアトラクションです。

 

「3」までで終わったアトラクション

すぐに本命がきてしまいましたが、早速見ていくことにしましょう。

1.ザ・マミー・ミュージアム 〜ハムナプトラ 神々の呪い〜

このアトラクションはユニバーサル映画100周年記念特別企画として開催。期間は2012年4月28日〜7月8日。

映画『ハムナプトラ』シリーズを基にしたアトラクションで、ツアールートが「イムホテップの館」と「アヌビスの復活」の2つから選ぶことができるなど、魅力的なアトラクションでした。

このアトラクションが好評だったため、この年(2012年)に初開催となった「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(9月14日〜11月11日)にリニューアルした『ザ・マミー・ミュージアム 〜ハムナプトラ 神々の呪い〜2』が登場しました。

そして2013年のホラーナイト(9月13日〜11月10日)では、さらにリニューアルを重ねた『3』が開催。

その後は開催されていないので、「3」で終わったアトラクションと言えるでしょう。

2.ジェイソンのブラッド・ダイナー

こちらは2012年のホラーナイト(9月14〜11月11)に初登場した、映画『13日の金曜日』が基になっているホラーメイズです。

2013年のホラーナイト(9月13日〜11月10日)・2014年のホラーナイト(9月12日〜11月9日)にはそれぞれ『2』・『3』が開催されました。

その後この立ち位置は、後ほど登場する『エルム街の悪夢』になったため(直接的な関係はありません)、これは「3」で終わったアトラクションといえます。

3.バイオハザード・ザ・リアル

このアトラクションは2013年(7月19日〜11月10日)に初登場。以降2015年(8月8日〜11月9日)に『2』、2016年(7月3日〜11月8日)に『3』が開催。

期間を見ていただくとわかりますように、毎年ハロウィーン期間開始に先立って始まり、ハロウィーン期間終了と合わせて終了しています。

とてもクオリティの高いアトラクションで、装備の銃の質感も凄い(←語彙力無くてすみません)。ゾンビが目の前に現れ、傍観ではなく、我が事のように思えたものでした。

個人的には期間限定の中では一番復活してほしい(もう一度体験したい)アトラクションです。

4.チャッキーのホラー・ファクトリー

こちらは2014年の「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(9月12日〜11月9日)で初登場。以降2015年(9月11日〜11月8日)・2016年(9月9日〜11月6日)にそれぞれ『2』・『3』と、ホラーナイトのアトラクションとして開催されました。

そして2017年は『ホラー・ファクトリー』ではなく、『カルト・オブ・チャッキー 〜チャッキーの狂気病棟〜』にリニューアルして開催。

よって『ホラー・ファクトリー』の方はナンバリングが「3」で終わっていることになります。

 

以上4つが「3」で終了したアトラクションになります。

 

現時点で「3」まで開催されているアトラクション

続いては記事執筆現在、「3」まで開催されているアトラクションで、これから「4」・「5」という風に続くかどうかわからないものを挙げていきます。

もし今回の説が立証されるのであれば、ここに属するアトラクションは終了、もしくはリニューアルされるということになります。

1.天使のくれた奇跡

2015年『天使のくれた奇跡 Ⅲ 〜The Voice of an Angel〜』のクライマックス

これはアトラクションというより、ショーですね。「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」の一環として開催されているショーです。

初開催は2009年。その年と翌年に『1』(←表記はありませんが便宜上このように書くことにします)が開催されました。開催期間は2009年11月5日〜2010年1月6日、2010年11月9日〜2011年1月10日です。

2011年のクリスマス期間は別のショーを挟みましたが、2012年から3年間は『天使のくれた奇跡 II 〜The Song of an Angel〜』が開催。期間は2012年11月16日〜2013年1月7日、2013年11月16日〜2014年1月7日、2014年11月14日〜2015年1月6日でした。

そして2015年から昨年までは『天使のくれた奇跡 Ⅲ 〜The Voice of an Angel〜』が開催されています。期間は2015年11月13日〜2016年1月6日、2016年11月11日〜2017年1月9日、2017年11月10日〜2018年1月8日。

とても明瞭なプロジェクション・マッピングを使用したショーで、『1』から『3』までストーリーが繋がっているのが特徴。クリスマスツリーも電球数を増やしたりするなどリニューアルが重ねられています。

2017年のクリスマスで『3』の開催が3年目を迎えたということで、『2』が3年で終了したことを考えると、2018年は『4』に続くか、それとも全く新しいショーに変わると予想できます。

2.トラウマ

こちらは2015年の初開催以降、なにかと話題になっているアトラクションです。

「ハロウィーン・ホラー・ナイト」期間中に開催される数あるホラー系アトラクションの中で最高のホラーレベル”10”で、体験は有料、同意書へのサインも求められます。

2015年(9月11日〜11月8日)は『トラウマ 〜最恐実験病棟〜』、2016年(9月9日〜11月6日)は『トラウマ2 〜最恐実験病棟〜』、そして2017年(9月8日〜11月5日)には『トラウマ3 〜最悪監禁実験室〜』が開催。毎年リニューアルされています。

このアトラクションの人気は高く、USJとしても集客が見込めるため、『3』で終わらせずに何らかの形で続編を出してくる気がします。

3.エルム街の悪夢

ホラーメイズは毎年大人気。待ち時間がかなり長くなっている。

そしてこのアトラクションは2015年のホラーナイトで『エルム街の悪夢 〜THE NIGHT KILLER〜』として初開催。タイトルの通り映画『エルム街の悪夢』が基になっており、あちこちからフレディが飛び出してくるホラーメイズです。

その後2016年・2017年はそれぞれ『エルム街の悪夢・ザ・メイズ2』・『エルム街の悪夢・ザ・メイズ3』が開催されました。(この2年はパレスシアターにて別のホラーメイズ『エクソシスト~悪魔祓いの館~』と隣合わせで開催)

期間は上の『トラウマ』と同じなので省略します。

2017年時点で『3』が開催されているため、2018年以降はチャッキーのように名称を変更した新バージョンになるか、『エクソシスト』に一本化される、もしくは『13日の金曜日』(ジェイソンのブラッド・ダイナー)が3年→『エルム街の悪夢』が3年ときているので、別のホラー映画のアトラクションが登場すると予想しています。

 

以上3つが現時点で「3」まで開催されているアトラクション・ショーになります。

 

果たして説立証なるか…次ページへGO!

冒頭の目次で検証結果がわからないようにするために、結果は次ページに書いています。

USJ通の皆さんは最初から、またこの記事をここまでしっかり読んでくださった方はもうお気づきかもしれませんが…(笑)

それでは2ページ目へどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です