【ネタバレ注意】『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』体験レポート!怖さのレベルは?【USJホラーナイト2018】

どうもこんにちは、にきばやしです。

9月8日よりユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でスタートした2018年の『ハロウィーン・ホラー・ナイト』。今年はハロウィーン新時代をコンセプトに、ホラーナイトでは「絶叫ハロウィーン」と「大人ハロウィーン」の2つの枠で雰囲気の違ったコンテンツが提供されています。

当サイトでは、2018年の『ハロウィーン・ホラー・ナイト』のアトラクションについてまとめた記事を先に公開しており、怖さや面白さのランキング等も掲載していますので是非ご覧ください!

【USJ】ハロウィーン・ホラー・ナイト2018 ネタバレ/感想/体験レポートまとめ!どれが一番怖い?

さてこの記事では、ひとつのホラーアトラクションに絞って、開催場所や開催時間、整理券の有無、まとめの記事で書けなかったネタバレや詳しい感想までをご紹介したいと思います。

今回はタイトルにもありますように、『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』についてです!

ネタバレ注意

この記事では『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』のネタバレを多く掲載しています。何も知らない状態で体験したいという方はご注意ください。

アトラクションの概要

開催場所/開催時間

『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』はニューヨーク・エリアの「パレスシアター」で開催されています。スパイダーマンのアトラクションから少しラグーン側に進んだところですね。

過去に『バイオハザード・ザ・リアル』や『エクソシスト』などが開催された場所です。

このアトラクションの開催時間はお昼の12時からパーククローズまで。次で詳しくご紹介しますが、体験には整理券が必要なので要注意です!

整理券が必要!配布場所は?(追記あり)

『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』の体験には整理券が必要です。

整理券の配布場所は「ステージ14」。最近まで年間パスセンターとして使われていた建物のすぐ隣です。

整理券はパークオープン時から配布され、なくなり次第終了となります。平日はお昼から夕方くらいに、土日や祝日はお昼前までに配布終了してしまうことがあるので、体験したい方はお早めに。

もらえる整理券がこちら。1人1枚必要です。

整理券には入場時間が書いてありますが、この時間の指定はできません。早い時間から順に配られているようです。

10月11日追記

 

本日10月11日より『インシディアス』の整理券配布方法が手渡しから機械での発券に変わりました。

 

システムはハリーポッターエリア混雑時の入場整理券と同じような感じで、QRコードリーダーにスタジオ・パスのQRコードを読み込ませ、時間を選択して発見する仕組みとなっています。

 

「早い時間から順に配られる」が「時間を指定して発券できる」に変わったため、自身の都合に合わせてアトラクション体験時間がある程度調整できます!

混雑していない日は、ある時間(19時以降など)からは整理券なしで並んで体験できるようになることもあります。

なお整理券以外に、対象のエクスプレス・パスを購入しても体験することができます。

何歳から体験できる?

このアトラクションはUSJが定めるホラーレベルが最大の「5」になっています。

体験には年齢制限があり、R12、すなわち小学生以下の方は体験不可となりますので要注意です。

 

そもそも『インシディアス』とは?

そもそも『インシディアス』は、2010年に公開されたホラー映画のこと。サイコスリラー映画『ソウ』とホラー映画『パラノーマル・アクティビティ』の制作陣がタッグを組んだことでも話題になりました。

2010年に初めて『インシディアス』が公開された後、2013年に『インシディアス 第2章』、2015年に『インシディアス 序章』、そして2018年に『インシディアス 最後の鍵』が公開。

それぞれのストーリー等が気になる方はWikipediaをチェックしてみてください。

USJの『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』は、最新作の『インシディアス 最後の鍵』の世界を完全再現したアトラクションになっています。映画は日本で公開されませんでしたが、10月3日にブルーレイ&DVDリリース・デジタル同時配信が決定しています。

予告編はこちら。アトラクションの雰囲気もわかるので、体験前に予告編だけでも見ておくと良いかもしれません。

 

【完全ネタバレ】ストーリーとアトラクションの流れ

MEMO

ここでは『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』のストーリーやアトラクションの流れをなるべく詳しく掲載しています。体験したけど内容がよくわからなかったという方や、体験前にどんなアトラクションなのかを知りたい場合などに参考にしてください。

途中からは完全なネタバレを含みますのでご注意ください!

整理券を取ろう

パークに入場したら、まず整理券を取りにステージ14へ。

(前述の通り、10月11日より整理券の配布方法が変わっています!下記は変更前の配布の様子です。)

1人1枚、整理券を受け取ります。複数人で体験したい時は全員揃って取りに行きましょう。1人が代表して複数枚取ることはできません。

参考までに、筆者が9月9日(日曜日、「ハロウィーン・ホラー・ナイト」イベント開始2日目)の10時30分頃に整理券を取りに行くと、18時ちょうどから18時15分の入場時間でした。

時間になったらパレスシアターへ

整理券に書かれた時間になったらパレスシアターへ。

建物に入る前に整理券をチェックされます。結構厳しくチェックしているようで、記載の時間を過ぎていると体験できなくなりますので、時間には余裕を持って向かってくださいね。

待ち列にて

待ち列にあるモニターでは、カウンセリングをしている医者と患者(ケイティ)の映像が流れています。

ケイティは「昨夜この世のものとは思えないものがやってきた」とか、「赤い扉を開けるように言われた」、「もうその扉は開けた」、「望みは別にある」とか言っています。

何が望みかと医者が聞いた後、ちょっとゾッとするシーンが。

アトラクションスタートに向けて緊張感が高まっていきます……!

アトラクションスタート!

いよいよアトラクションスタートです。ここからは撮影禁止ですので、文字だけで内容をお伝えしていきます。

7〜8人が1グループとなって、赤い布でできたロープを全員で持ちます。このロープは最後に返却するまで離さないように。


ドアから中に入るとそこは洋風な家の玄関。進む先の扉の一部がモニターになっていて、そこには長い廊下が映し出されています。

するとその奥から何やら恐ろしい生物がこっちに向かってきます。それと同時に左側にある鏡がピキピキと音を立てながらヒビが入っていきます。

奥から向かってきた生物が扉に当たる瞬間、バリンと音を立ててガラスや鏡が割れます(全部モニターなので実際に割れているわけではありません)。割れたところから何か出てくるのかと身構えますが、思いもよらない右側から……。まさかのまさかです。


扉が開いて(この扉だけ自動)先に進むと、そこは洗濯機がたくさんおいてある場所。

そこには1人の女性が隠れていて、先頭を進んでいる人に「赤いドアを開けて逃げて!」と言って鍵を渡してきます。

先へ進むと左右がカーテンに覆われた廊下に。何かが出てきそう感MAXです。

廊下の突き当りには赤い扉があって、そこから「プリーズ オープン ザ ドア…」という声が聞こえます。

ドアの鍵穴が光っており、先ほど鍵を受け取った先頭の人が鍵を差し込もうとすると、右側から赤い怪物が!前の方にいる人はかなりビックリすると思います。

結局その赤い扉を開けることはなく、左側へと進んでいきます。


次に、左右に赤い扉がたくさんある廊下を歩いていきます。これらの扉には鍵穴がなく、廊下の奥の扉まで進んでいきます。

この時も何かが出てきそう感MAX。緊張が解ける瞬間はありません。

次の部屋はスモークが充満していて、前がよく見えなくなっています。右側の角からは謎の眩しい緑の光が。

右側は通れない(通りたくない)ので左側から奥へ進もうとすると、右側の光の方から、目が赤く光った怪物が登場。急いで次の部屋へ移動します。


次はカバンがたくさん積み上げられている部屋。何か出てきそうな場所がいっぱいあって、どこをどう注意すればいいのかもわからない状況です。

そうこうしていると、まさかのまさか、カバンが開いた隙間から怪物が顔をのぞかせています。

このアトラクション全体を通して、何かが出てきそうな場所はたくさんあるものの、そういうとこからではなく、予想外な場所から驚かせてきます。神レベルのセンスです。


いよいよ最後の部屋です。

最後の部屋には等身大の人形がずらりと並んでおり、かなり不気味です。どれが動き出してもおかしくありません。

その間を恐る恐る進んで行くと、案の定その人形の内のどれかが動き出します。しかも1体だけではありません。

さらに、この動き出す人形は毎回場所が変わるようで、予測不可能です。

この部屋を抜けるとロープと鍵を返却するボックスがあります。ようやく終わり。恐怖の館から無事脱出です。


……かと思いきや!

最後は是非ともご自身で体験していただきたいと思います。

 

怖さのレベルはどれくらい?

ここでは『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』の気になる「怖さのレベル」について書いておきます。

USJ公式のホラーレベルは最大5のところ、このアトラクションは「5」。実際に体験してみて、このホラーレベルが妥当であることを確信しました。他のアトラクションと比べると、もうちょっと高くてもいいくらいです(笑)

私が今年の全てのホラーアトラクションを体験して怖さを比較したランキングは、以下の記事の2ページ目に掲載していますので、よろしければご覧ください。

【USJ】ハロウィーン・ホラー・ナイト2018 ネタバレ/感想/体験レポートまとめ!どれが一番怖い?

アトラクション全体を通して、とにかく驚かせるセンスが神レベルです。

今までのホラー・メイズと同じように、「何か出てきそうだなあ」と思うところは多くあるのですが、そういうところからではなく、予想もしていなかったところから出てきます。

さらに8人でロープを握って進むので、自分のペースで進めない。そのため、体験時間はかなり長く感じました。他のホラー・メイズのように、先々進んだり人を盾にして隠れたりすることができないのも怖さを増大するポイントです。

また、先頭になってしまった人は最恐を覚悟しましょう。逆に一番後ろになった人はほんのちょっと怖さが和らぐかも。

ホラー系が苦手な方には少し厳しいかもしれません。怖さ的には『カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜』を体験した方であれば、大丈夫かと思います。『サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ』で限界だという方は、体験を控えた方がいいレベルです。

 

まとめ

この記事では2018年のUSJ『ハロウィーン・ホラー・ナイト』のアトラクション『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』についてお伝えしました。

過去のホラー・メイズと比較してもかなり完成度が高く、まさに「絶叫ハロウィーン」を楽しめるアトラクションになっています。

ただ2回目行きたいかと言われると……うーん。内容がわかってても怖いものです(笑)ホラー系が余裕な方は大いに楽しめるかと思います。

ホラーが好きな方もそうでない方も、「神レベルの驚かしセンス」をこのアトラクションで是非体験してみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。


参考 ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーンユニバーサル・スタジオ・ジャパン 参考 絶叫ハロウィーンユニバーサル・スタジオ・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です