【USJ速報】”ザ・フライング・ダイナソー”で特別システム実施!待ち時間が半分以下になる?

どうもこんにちは、Pascast編集長のにきばやしです。

本日2018年3月12日(月)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)の人気スリルアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」で待ち時間を短縮できる”特別システム”の運用を実施しているようです。

今回は「USJ速報」として、その特別システムの概要をお伝えします。

MEMO
特別システムの運用状況など最新の情報については、この記事の最後で随時追記をしておりますので、そちらをご覧ください。

 

ザ・フライング・ダイナソー 特別システム試験運用

入場ゲート付近で案内配布

案内用紙は2つ折になっており、表面に日本語と英語、裏面に韓国語と中国語の案内がある

本日3月12日、USJ入場後に上のような案内用紙が配布されました。

タイトルは「本日の『ザ・フライング・ダイナソー』は特別システムによる運用を実施中です。」となっており、説明は以下の通りです。

60分並ぶだけで、「ザ・フライング・ダイナソー」を楽しめる!

待ち時間短縮システムにより、例えば待ち時間が120分の場合、約60分間はあなたの自由時間に。

ういた時間でパークを思いっきり楽しんで、あとは指定の時間に待ち列へ戻るだけ!

アトラクションの待ち時間が90分を超えたときのみ実施されるこのシステムですが、実質的には単純な「整理券制」で、指定された時間に戻って来れば約60分の待ち時間でアトラクションを体験できるというものです。

待ち時間の表示が180分の時に「待ち時間短縮システム」を利用すると、そのうち約120分は列に並ばずに別の場所で過ごすことができることになります。

特別システムの利用方法

通常の待ち時間が120分の場合の例が図を用いて説明されている

まずは「待ち列チケット」を入手

ザ・フライング・ダイナソーで「待ち時間短縮システム」が実施している時、体験したいゲストは原則的に全員、サンフランシスコ・エリアにある発券所で「待ち列チケット」を入手する必要があります

対象のエクスプレス・パス利用者やシングルライダー利用者のみ、チケットを入手する必要はありません。

尚、このチケットを発券するのには並ぶ必要があり、1日の発券数に達し次第配布終了となります。

チケット記載の時間に待ち列へ

待ち列チケットには「12:00〜12:30」のように時間が記されており、その時間になったらザ・フライング・ダイナソーの待ち列に戻ります。

この時間はあくまで待ち列に戻る時間であって、アトラクションに乗れる時間ではありません。

約60分待ち列に並んで体験

待ち列に戻ったら、約60分、通常と同じように待ち列に並びます。

この「約60分」はどの時間でも大体同じだと思われます。

待ち列チケットに記載されていた時間の約1時間後にアトラクションを体験できるということになります。

2回目の発券はチケット記載の時間以降に

同日に2回以上の「待ち列チケット」を発券したい場合、前回のチケットに記載されている時間以降に発券することが可能になります。

複数回体験したい場合は、1度体験し終わったらまた「待ち列チケット」を入手し時間になったら待ち列に戻ってくる、の繰り返しになります。

アトラクションの待ち時間が90分以下の場合は、このシステムそのものが実施されません。

 

TDRのファストパスに近い?

USJには有料の「エクスプレス・パス」があり、TDRの「ファストパス」とよく比較されますが、今回の「待ち時間短縮システム」はどうなのでしょうか。

まだ「ザ・フライング・ダイナソー」で試験的に運用されているだけの「待ち時間短縮システム」ですが、少し性質の似ているところがある東京ディズニーランド・シーの「ファストパス」のシステムと比較してみたいと思います。

なお、ここでの情報は全て「待ち時間短縮システム」が実施されている2018年3月12日現在の情報です。

  USJ「待ち時間短縮システム」 TDR「ディズニー・ファストパス」 USJ「ユニバーサル・エクスプレス・パス」
対象アトラクション ザ・フライング・ダイナソー のみ 両パークで17のアトラクション 約10のアトラクション
チケット名称 待ち列チケット ファストパス・チケット ユニバーサル・エクスプレス・パス
発券方法 指定の発券所で当日発券

指定の発券所で当日発券

バケーションパッケージの利用

事前または当日に購入
料金 無料(原則全員発券) 無料(発券は自由) 有料
チケット等不要の通常スタンバイの有無 なし あり あり(ザ・フライング・ダイナソーを除く)
チケット使用時間指定の有無 あり あり アトラクションにより異なる
チケット使用時の待ち時間 約60分 その時の状況により異なる その時の状況により異なる

USJの「待ち時間短縮システム」はあくまで今日試験的に運用されているに過ぎず、今後この内容で本格的に実施されるのかどうかはわかりません

ただ、今のところ「エクスプレス・パス」よりはTDRの「ファストパス」のシステムに近い感じがしますね。

 

まとめ

今回は3月12日、USJの「ザ・フライング・ダイナソー」で試験的に運用されている「待ち時間短縮システム」についてお伝えしました。

現地にいる方によると、待ち列チケットを発券するのにかなり並んでいるようです。(TDSの「トイ・ストーリー・マニア!」などのファストパス発券と同じ感じでしょうか…)

また、通常待ち列は「待ち列チケット」使用者のみに限られるので約1時間分の人しか並んでいませんが、シングルライダーだけ待ち列が長くなってしまっているようです。

色々な問題がありそうですが、それが改善されれば、連休などの混雑時にアトラクションに並んでいる時間を少なくできるようになるかもしれませんね。

それではまた!

 

最新配布状況 3月21日更新

ここでは「ザ・フライング・ダイナソー」の「待ち列チケット」に関する最新情報をお伝えします。

  待ち列チケットの配布の有無 配布終了時間
3月12日(月) あり 12時40分頃
3月13日(火) あり 11時5分頃
3月14日(水) なし  
3月15日(木) なし  
3月16日(金) なし  
3月17日(土) なし  
3月18日(日) なし  
3月19日(月) なし  
3月20日(火) なし  
3月21日(水) なし  

尚、配布終了後にパークを訪れたゲストが「ザ・フライング・ダイナソー」を体験したい場合、有料のエクスプレス・パスを使用するか、シングルライダーを利用するしかないとのことです。

配布をしていない日は、通常通りスタンバイの待ち列に並ぶことになります。

追記
「待ち列チケット」を配布したのは3月12・13日の2日のみで、その後は配布されていません。

上のまとめで書いた問題が大きく、継続して運用するのが難しいと判断したと思われます。そのため今後しばらくはこのシステムは実施されないと予想します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です