【2018】USJのハロウィーン限定フードをほぼ全品紹介!おすすめランキングも【USJグルメダイアリー #1】

どうもこんにちは、にきばやしです。

9月7日よりユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でスタートした、2018年のハロウィーンイベント『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』

今年のハロウィーンは「大人ハロウィーン」、「絶叫ハロウィーン」、「こわかわハロウィーン」の3つの枠があり、どの世代でも各々に合ったハロウィーンコンテンツを楽しむことができます。

やはりハロウィーンのイベントといえば、期間限定のホラーアトラクションやストリートゾンビなどを思い浮かべることと思いますが、フード(グルメ)も充実しています。見た目はもちろん、カボチャなどのハロウィーンっぽい食材を使ったグルメも。

この記事では、ハロウィーン期間限定で食べることができるUSJグルメをほぼ全品ご紹介します!

USJグルメダイアリーとは

このコーナーはUSJにおいて、アトラクションやショー以外にも魅力を見出したいと考えた筆者が、インパークした際に食べたUSJグルメをご紹介するものです。

タイトルを見ていただくとわかりますように、今回が初回。これから不定期で連載していきますので、よろしくお願いいたします!

2018年のUSJハロウィーングルメは何種類?

筆者が調べたところによると、2018年のハロウィーン限定グルメは18種類でした!

同じタイプの商品で味違いがある場合はまとめて1種類として数えています。また、ターキーレッグに関してはシーズン問わずに販売されているため、種類の数からは除外しました。

さらに、バケツや入れ物の柄がハロウィーン限定で中身は通常と同じというものと、年齢的に誰でも飲むことができないアルコールについても除外しています。

味違いがあるものはひとつの味に絞ると1日で全部食べられる……?!

もし数え間違いや余分に加えているもの、または抜けているものがありましたら、記事下のコメント欄から教えていただけると幸いです!

最終更新(2018/09/24)現在、18種類中筆者が実際に食べたハロウィーンフードは8種類!まだ半分以上残ってる……!

 

レストラン・販売場所別ハロウィーングルメ!

それではここからそれぞれのグルメのご紹介です。わかりやすくするために、レストラン・販売場所に分けてご紹介します。

なお、ミニオン関連のフードについては売っている場所がバラバラであったりするため、「ミニオン・フード」としてまとめています!

スタジオ・スターズ・レストラン

アトラクション『ターミネーター 2:3-D』の道路を挟んだ向かいにある『スタジオ・スターズ・レストラン』では、「ハロウィーン・スペシャル・ハンバーグセット」をいただくことができます。

メインはデミチーズソースがかかったハンバーグに、目玉焼きとゴボウのフライ、カボチャが乗ったもの。それにサラダ、パンまたはライス、ミニオン・ムース、選べるソフトドリンクがセットになっています。

お値段は2,190円。さすがはUSJ価格、かなりお高めです。外で食べるとしたら1500円弱が妥当なところでしょうか。

お料理のクオリティは高く、ボリュームもかなりあります。昼でも夜でも、このセットを食べれはお腹いっぱいになると思います。

ハンバーグの肉はあまり粗くなくどちらかと言うとハム寄りですが、ナイフで切ってみると肉汁が出てくるくらいジューシー。デミチーズソースとの相性もよく美味しかったです!ゴボウのフライも良いアクセントとなっています。

サラダはシーザーサラダ、デザートのミニオン・ムースはバナナ味です。

 

ビバリーヒルズ・ブランジェリー

キャノピー下、『シネマ4-Dシアター』の道路を挟んだ向かいにある『ビバリーヒルズ・ブランジェリー』では「ハロウィーン・サンドウィッチセット」が販売されています。

メインのハロウィーン・サンドウィッチに、カップサラダと選べるソフトドリンクがセットになって、お値段は1,490円。外で食べるとしたら900円くらいでしょうか。

サンドウィッチには、かぼちゃとパストラミポークをはじめとした多くの具材が、パンからはみ出るくらいたっぷりと入っています。

かぼちゃとパストラミポークの相性はバツグン。パンと一緒に食べてちょうどよくなるくらいの濃い目の味付けで、最初から最後まで美味しくいただけます。

サンドウィッチといえば野菜が多く、野菜が苦手な方は避けがち(筆者がそれです笑)かもしれませんが、そういった方でも美味しく食べられると思います。

ボリュームとしてはランチにピッタリ。おやつには少し多い感じです。


『ビバリーヒルズ・ブランジェリー』にはデザートもたくさん販売されているので、ランチ時に併せて注文するのも良いですね。

デザートにハロウィーン限定の「パンプキン・モンブラン」があります。こちらはまだ食べていないので、また追記します!

 

フィネガンズ・バー&グリル

スパイダーマンのアトラクションや現在『インシディアス〜ザ・ラスト・キー』が開催されているパレスシアターの道路を挟んだ向かいくらい位置にある『フィネガンズ・バー&グリル』では、ハロウィーン限定フードやドリンクが5種類販売されています。

レストラン内はハロウィーンの装飾がなされています。


さてまずはドリンクから。アルコールとノンアルコールが1種類ずつありますが、筆者はお酒が飲めないため、ここではノンアルコールのみのご紹介となります。

こちらが「ハロウィーン・ホラー・ナイト 〜ミックスベリー〜」というノンアルコールドリンクです。お値段は520円

出てきたときは写真のように青い部分と黒っぽい部分に分かれていますが、混ぜてから飲むようにと言われたので混ぜてみると、全体が少し薄めたコーラのような黒っぽい色になりました。

お味は酸味の効いた炭酸のベリー味ジュース。これ以外の表現が見つかりませんでした(笑)

アルコールの方は「ハロウィーン・カーニバル・ハイボール 〜ブラッドオレンジ〜」で、こちらは650円です。


続いてメインのお料理。

こちらは「ハロウィーン・シェパーズパイセット」で、温野菜が添えられたシェパーズパイ、サラダ、ソーダブレッドがセットになって、1,790円です。

シェパーズパイはイギリスの代表的な料理の一つで、マッシュポテトや挽き肉などを使ったグラタンみたいなものです。パイの中心にはトマトがゴロッと入っています。

このセットで魅力的なのが、ソーダブレッドがおかわり自由な点です。普通(?)のブレッドと、スコーンに近い食感のブレッドがセットになっているのですが、店員さんに言えばおかわりを貰えます。その際どちらのブレッドが良いかも聞いてくれるので、好みに合わせて注文できます!

ブレッドは付いてくるバターをつけて食べるのもありですが、シェパーズパイにつけるのも美味しくておすすめです。


次に単品のお料理。

こちらは「ハロウィーン・マカロニ・チーズグラタン」。パプリカの中にグラタンが入っていて、お皿とヘタ部分以外全て食べられます。お値段は950円です。

上に乗っているハロウィーンのカボチャ(ジャック・オー・ランタン?)型のものは、パイのような食感のクッキーです。

筆者は上のシェパーズパイセットと一緒に頼んだのですが、どちらもグラタン風なので、どちらか一つだけでよかったなと思いました。

前述しましたように筆者は野菜があまり好きではありませんが、美味しくいただくことができました!


『フィネガンズ・バー&グリル』ではこのほかに、「グリルチキン&パンプキンサラダ」(990円)がハロウィーン限定で提供されています。今回は食べなかったので、食べたらまた追記したいと思います。

 

ミニオン・フード

こちらはレストランや販売場所別ではなく、ミニオン関連のハロウィーンフードでまとめておきたいと思います。

この分野は記事執筆現在まだあまり食べられていないので、今後食べたものから追記していきます!

取り急ぎ一つだけ!「ハロウィーン・ミニオン・スプラッシュ」をご紹介します。

このドリンクは2種類の味が用意されており、写真は「マンゴーゼリー&レモンソーダ」です。ちなみにもう1種類は「グレープゼリー&レモンソーダ」です。お値段はどちらも550円です。

ミニオン要素はカップだけ。味はさっぱりしていて美味しいです。小さな黒いつぶつぶはゼリー食感で、個人的にはタピオカより好きですね(笑)

日中まだ暑くなる日もありますので、そういう時に飲むと良いと思います!


この他のハロウィーンのミニオン・フードは今後追記してまいります。

Coming Soon!
  • イーブル・ミニオン・クッキーサンド
  • イーブル・ミニオン・シュークリーム 〜ムラサキイモ〜
  • ハロウィーン・ミニオン・シェイク
  • ドラキュラ・ミニオンまん 〜角煮〜
  • ハロウィーン・ミニオン・ピッツァ 〜テリヤキチキン&もちもちチーズ〜

 

ハロウィーン・マーケット

ステージ14(元・年パスセンター、ハロウィーン期間は『インシディアス』の整理券配布場所)からラグーンに沿ってミニオンパークへと向かう道に並ぶカート群が『ハロウィーン・マーケット』です。

ここでは上のミニオン・フードとしてご紹介した「ハロウィーン・ミニオン・スプラッシュ」の他、以下のものが販売されています。

ハローキティとチャッキーがコラボしたフードが3種類、ちょっと豪華なドルチェ・チュリトスが2種類、プレミアム・ドッグ(一時販売中止?)、それとルーレットチャンスがついたターキーレッグです。(プレミアム・ドッグとターキーレッグに関してはシーズン問わず販売されているので、ここではご紹介しません。)


まずハローキティとチャッキーコラボから1つ。

こちらは「ハローキティ・チャッキー・デザートドリンク〜アイスチョコ〜」(550円)です。生クリームの上にかかっている青と赤のシロップがハロウィーン感を出しています。(ただ個人的にはこのシロップの味はドリンクと合わず好みではなかった……。)

アイスチョコは至って普通で美味しいです。クリームを溶かそうとすると、アイスチョコと氷と混ざってちょっと残念な見た目になります(笑)


続いて「ドルチェ・チュリトス 〜ティラミス〜」(550円)。

チュリトスの上半分より少し短い部分にクリームなどが乗っています。かなり甘さが加わりますが、チュリトスと合っていて美味しいです。

持つところがあるので、クリームが乗っているところを食べてしまうと残りが普通のチュリトスになってしまいます(笑)

味違いとして、「ドルチェ・チュリトス 〜パンプキン・モンブラン〜」もあります!こっちの方がハロウィーンらしいですね。


その他のハロウィーン・マーケットで販売されているフードについては、今後追記していく予定です!

Coming Soon!
  • ハローキティ・チャッキーまん 〜トマトカレー〜
  • ハローキティ・チャッキー・チュリトス 〜シナモン〜

 

フードカート

フードカートはパーク内のあちこちにあり、その場所にあったフードが提供されています。ハロウィーン限定のものは2種類。

一つは、『エルモのイマジネーション・プレイランド』前で販売されている「おばけエルモの肉まん」(550円)、もう一つが、『ハローキティのコーナーカフェ』で販売されている「ハローキティのハロウィーン・デザートドリンク〜アイスチョコ〜」(550円)です。

こちらはまだどちらも食べていないので、今後追記したいと思います!

 

おすすめランキング!

全18種類の中で、「もう一度食べたい!」と思えるようなハロウィーンフードをランキング形式でご紹介します。

※最終更新2018/09/24(全8種類中)

1位 ハロウィーン・サンドウィッチセット(ビバリーヒルズ・ブランジェリー)

2位 ハロウィーン・ミニオン・スプラッシュ(ミニオン・フード)

3位 ハロウィーン・スペシャル・ハンバーグセット(スタジオ・スターズ・レストラン)

今後、まだ食べていないものが加わっていくかと思いますが、暫定ランキングはこんな感じです。

USJにお越しの際は(お値段が高いのは否めませんが)是非とも食べてみてくださいね!

 

まとめ

この記事ではユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の2018年ハロウィーン限定グルメをご紹介しました!

ここ数年毎年販売されているものもありますが、一部は今年のこの期間だけしか食べられないものもありますので、気になるものがあれば是非。

また今回はご紹介していませんが、10月5日から11月4日までの期間限定で「ハロウィーン・プレミアム・ビュッフェ」がロンバーズ・ランディングで開催されるそうで、こちらは今後機会があれば記事を書きたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!


参考 ハロウィーンフードユニバーサル・スタジオ・ジャパン 参考 ハロウィーン・マーケットユニバーサル・スタジオ・ジャパン 参考 ミニオン・フードユニバーサル・スタジオ・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です