【USJ】ハロウィーン・ホラー・ナイト2018 ネタバレ/感想/体験レポートまとめ!どれが一番怖い?

ランキングの前に、ホラーアトラクションを1日でまわることができるかについてのお話を少しだけ。

今年のホラーアトラクションは『ホテル・アルバート』を含めて全部で7つ。結論から言って、このアトラクションを1日ですべて体験することは可能です。ただこれは、ホラーアトラクションだけのことを考えた場合です。(『ホテル・アルバート』の体験時間は80分+αと長いので、体験する方は要注意です!)

整理券が必要なアトラクションの整理券を取るとき、体験時間の指定はできないので、取れた時間をもとにその他のアトラクションのまわりかたを決めていくのが良いでしょう。

遠方からお越しの方などで、常設のアトラクションとホラーアトラクションの両方を多く体験したいという方は、来場日にもよりますが「エクスプレス・パス」の購入を検討してみてくださいね。

以上、ホラーアトラクションのまわり方に関する小話でした。それではランキングをどうぞ!

どのホラーアトラクションが一番怖い?色々ランキング!

ここまでご紹介してきた6つのホラーアトラクションをすべて体験してみて、「怖さ」、「2回目からはいけそう」、「面白さ」の3つの観点から、独自にランキングを作成してみました。

作成にあたっては、ホラー系がそこそこ好きな筆者とホラー系(特に映像モノ)が苦手な筆者の友人が相談して総合的に判断しました。そのため一般的なランキングになっていると思いますが、個人差はありますのであくまで参考程度に。

怖さランキング

まずは気になる「怖さランキング」から。これは単純に「怖い」と感じる度合いが強い順に並べました。

  1. インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜
  2. カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜
  3. ブラッド・レジェンド
  4. サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ
  5. ザ・サバイバル〜デッドマンズ・フォレスト2〜
  6. 貞子〜呪われたアトラクション〜

『インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜』『カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜』の2つが上位というのは即決だったのですが、どちらを1位にするかは少し悩みました。

どちらも同じくらいの怖さでしたが、『インシディアス』の方がグループでロープを持って進むため逃げられないことや、驚かす仕掛けのセンスがあった(今年初登場なので新鮮味があったとも言える)ので、こちらを1位にしました。

3位の『ブラッド・レジェンド』はホラー系の映像として普通に怖い。座席の動きもあり、くるとわかっててもビックリするのでこちらの順位です。

4位の『サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ』は基本的に音を立てなければ幽霊が寄ってこないので、驚かせてくる系のアトラクションと比べると怖さは少なめです。「音を立てると幽霊がこっちにくる=音を立てられない」というビックリ系とは違ったベクトルの、ジワジワとした恐怖感を味わえます。

5位の『ザ・サバイバル〜デッドマンズ・フォレスト2〜』は体験時間が長いため、苦手な方にとっては辛いかもしれませんが、内容としてはそこまで怖くはありませんでした。ビックリ系は少なかったですね。また、随所に誘導や指示を出してくれる軍の人(スタッフ)がいるので、その点でも怖さは和らいだ感じがします。

そして最後の6位が『貞子〜呪われたアトラクション〜』です。座席の動きはターミネーターと一緒なので予想がつきます。また若干ネタバレとなりますが、座席付近に登場する貞子もそれほど大きく驚かせてくることはないので、怖さは少なめです。

2回目からはいけそうランキング

続いて、2回目以降の体験から怖さが減っていくであろうホラーアトラクションのランキングをつくってみました。

  1. 貞子〜呪われたアトラクション〜
  2. ブラッド・レジェンド
  3. ザ・サバイバル〜デッドマンズ・フォレスト2〜
  4. サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ
  5. カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜
  6. インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜

シアター系は何度体験しても原則同じ内容なので、複数回体験すればどこで何が起こるかわかるため、怖さは減っていくだろうと考え、シアター系の2つを上位にしました。ただ、座る場所によっては……。

それに対して自分で歩いて進むメイズ系は、一緒に進むことになったグループ内での位置や驚かされるタイミングが毎回少し異なったりするので、シアター系より2回目以降も怖さは減りにくいと思います。

面白さ度ランキング

最後にアトラクションの「面白さ度」のランキングです。

これは単純に「面白い」かどうかではなく、アトラクションのクオリティ、ストーリーの理解しやすさ、体験後の満足感などをひっくるめて良かったものの順に並べています。

  1. ザ・サバイバル〜デッドマンズ・フォレスト2〜
  2. ブラッド・レジェンド
  3. インシディアス〜ザ・ラスト・キー〜
  4. カルト・オブ・チャッキー〜チャッキーの狂気病棟〜
  5. サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ
  6. 貞子〜呪われたアトラクション〜

どのホラーアトラクションも面白く、それぞれ僅差での順位決めとなりました。5位6位でも面白くないわけではなく、「敢えて順位を付けるとすることうなる」という感じです。

1位の『ザ・サバイバル〜デッドマンズ・フォレスト2〜』はストーリーがかなり理解しやすく、クオリティも素晴らしいものでした。さらに全体の体験時間も長めのため満足度が高いです。昼と夜で違った雰囲気を味わえるのも良いですね。

6位の『貞子〜呪われたアトラクション〜』は、ここ数年毎年開催されていて大きな変化がないことなどからこの順位になりました。綾小路麗華ファンの方なら順位が上がるかもしれません(笑)


以上、2018年『ハロウィーン・ホラー・ナイト』の6つのアトラクションのランキングでした!

 

まとめ

この記事ではユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で開催中の2018年『ハロウィーン・ホラー・ナイト』のホラーアトラクションについての情報・ネタバレ・感想のまとめや、アトラクションのランキングをご紹介しました。

すべてのホラーアトラクションを体験してみて、今年は全体的に怖さは控えめになっていると感じました。しかし、ホラーアトラクションは怖さが全てではありません。

どのアトラクションもクオリティが高く満足できる内容ですので、是非体験してみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!


参考 ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 参考 大人ハロウィーンユニバーサル・スタジオ・ジャパン 参考 絶叫ハロウィーンユニバーサル・スタジオ・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です