東京ディズニーランドのあのアトラクション、カメラ・ビデオ撮影OK?それともNG?

どうもこんにちは、Pascast編集長の仁木林です。

本日2018年4月15日、東京ディズニーリゾートは開園35周年を迎えました!

これからの1年は例年にも増して、盛り上がる年になりそうです。


さて、東京ディズニーリゾート(TDR)には多くのアトラクションがありますが、思い出を残すためアトラクション内で写真や動画を撮影したいと思ったことはありますでしょうか。

YouTubeなどの動画サイトには多くのアトラクションの動画がアップされていたりしますが、ライド系アトラクションでの撮影は許可されていないことがほとんどです。

そこで今回は、東京ディズニーランド・東京ディズニーシー両パークの主なアトラクションにおいて、カメラ・ビデオ撮影がOKなのか、それともNGなのかを整理していきたいと思います。

この記事は「東京ディズニーランド編」で、次回がシー編となります。

 

記事作成にあたり…

今回の記事作成にあたって、カメラ・ビデオ撮影の可・不可は、ライド系アトラクションを中心に、アトラクション内のアナウンスやキャストさんへの聞き込み、公式サイトの記載等、当サイト独自の方法で調査しました。

そのため撮影の可・不可がわからなかったアトラクションについては掲載していない場合がありますので、予めご了承ください。

また、当サイトで撮影OKとの掲載があった場合でも、現地のキャストさんに撮影をやめるように言われた場合、アトラクションのルールが変わった可能性もあるため、指示には従ってくださいね。

掲載している情報に誤りがあった場合、お問い合わせのページからご一報いただけますと幸いです。

表の見方

この記事では、アトラクションのカメラ・ビデオ撮影の可・不可を表にあらわします。

表は上の画像のようになっており、左から「アトラクション名」、「撮影の可・不可」、「備考」の順に並んでいます。

撮影の可・不可に関してはアトラクション体験中の時のもので、Qラインは含まれていません。

備考には「撮影が可能であってもフラッシュは使用不可」などという場合に、その旨を記載します。

スマートフォンやタブレットでご覧の方で表が見切れしまっている場合は、表を横にスクロールすると全部を見ることができます。

それではエリア別に整理していきましょう!

 

トゥモローランド

アトラクション名撮影の可・不可備考
スペース・マウンテン× 不可 
モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!”× 不可 
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター× 不可 
スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー× 不可 
スティッチ・エンカウンター○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止

安全バーやシートベルトがあるアトラクションは基本的に撮影不可になっています。

液晶画面の使用が禁止されている場合、スマートフォンでの撮影も原則禁止だということになります。

トゥーンタウン

アトラクション名撮影の可・不可備考
ロジャーラビットのカートゥーンスピン× 不可 
ガジェットのゴーコースター× 不可 
グーフィーのペイント&プレイハウス○ 可フラッシュは使用禁止

ファンタジーランド

アトラクション名撮影の可・不可備考
ピーターパン空の旅× 不可 
白雪姫と七人のこびと× 不可 
ピノキオの冒険旅行× 不可 
空飛ぶダンボ× 不可 
ミッキーのフィルハーマジック○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
ホーンテッドマンション○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
プーさんのハニーハント× 不可 
イッツ・ア・スモールワールド○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止

ミッキーのフィルハーマジックは3D映像を鑑賞するアトラクションのため、撮影してもあまりきれいに映らなさそうです。周りの方の迷惑になるので、もちろんフラッシュ・液晶画面の使用は禁止されています。

クリッターカントリー

アトラクション名撮影の可・不可備考
スプラッシュ・マウンテン× 不可 
ビーバーブラザーズのカヌー体験× 不可 

ウエスタンランド

アトラクション名撮影の可・不可備考
ビッグサンダー・マウンテン× 不可 
カントリーベア・シアター○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
蒸気船マークトウェイン号○ 可 
トムソーヤ島いかだ○ 可 

アドベンチャーランド

アトラクション名撮影の可・不可備考
ウエスタンリバー鉄道○ 可トンネル内でのフラッシュは禁止
ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション○ 可 
カリブの海賊○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止
魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”○ 可フラッシュ・液晶画面の使用は禁止

ジャングルクルーズではボートに乗り込んだ後、船長さんから撮影はOKとアナウンスがありますが、手などをボートから出さないように注意しましょう。また、特にフラッシュ禁止のアナウンスはありませんでしたが、ナイトクルーズの場合や伝説の神殿のあたりでフラッシュを使用すると雰囲気が崩れるので、全体を通して使用しないほうが良いと思います。

 

まとめ

今回は東京ディズニーランドのアトラクションにおいて、体験中のカメラ・ビデオ撮影がOKなのか、それともNGなのかを整理しました。

先ほども書いた通り、安全バーやシートベルトがあるアトラクションは撮影NGがほとんどですが、それ以外ではフラッシュ・液晶画面を使用しない撮影ならOKというアトラクションが多いですね。

しかし、撮影OKであったとしても、カメラのシャッター音はアトラクションの雰囲気を崩す原因になるので、撮影するのであればビデオカメラが最適と言えるでしょう。

また、撮影した動画をYouTubeなどの動画サイトにアップしてよいかどうかは別問題になりますので、そのような場合はTDR側に問い合わせるべきだと思います。(機会があればこの件に関する記事も作成したいと考えています。)

カメラ・ビデオ撮影で思い出を残すのもアリだとは思いますが、せっかくのアトラクション、撮影などに気を遣わないで、全身で楽しめばその思い出は記憶に残り続けるのではないか、と筆者は個人的に思います(写真はフォトスポットで!笑)

TDRでの楽しみ方は人それぞれです。ルールやマナーを守って、安全に楽しいひと時を過ごしたいですね。

 

次回は東京ディズニーシーのアトラクション撮影について整理したいと思います。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA